グーグルアドセンス




グルメ

ケンタッキーフライドチキンの上手な骨の取り方と食べ方がこちら

投稿日:2017年9月21日 更新日:

ケンタッキーフライドチキン
出典:日本KFCホールディングス

「ケンタッキーフライドチキン」の食べ方が、ツイッター上で注目を集めています。きっかけは最近になって店内で使われている解説図です。

各部位ごとの食べ方を説明しているのですが、骨を取ってから食べるよう書かれており、「CMではかぶりついてましたよね」といった戸惑いの声も上がっています。なぜ今、食べ方の解説を始めたのか? 日本KFCホールディングスの広報担当者に聞きました。

部位ごとに分かれていて、例えば「サイ」と呼ばれる腰の部分は、こう解説されています。

 (1)三角形の肉にやや突き出た骨の先を持って、少しねじりながら上に引っ張る
 (2)すると、大腿骨が抜ける。残った肉はすべて食べることが出来る

 この投稿に対して、「知らなかった」「CMではかぶりついてましたよね」といったコメントが寄せられ、リツイートは13万、いいねは25万を超えています。

【おまけ】各部位の解説
 KFCでは、オリジナルチキンを作るにあたって1羽を9ピース(5部位)にカットしているそうです。名称と特徴は以下の通りです。

【キール×1】
 胸。肉質が柔らかく、あっさりしたおいしさ

【ウィング×2】
 手羽。ゼラチン質や脂肪が多く、コラーゲンが豊富。味も濃厚

【リブ×2】
 あばら。深みのあるうまみがあり、骨のまわりについた肉まで楽しめる

【サイ×2】
 腰。プリプリとした肉質で、しっかりとした食感

【ドラム×2】
 脚。鉄分が多く、味にコクがある

1羽丸ごとカットしているため、注文の際に部位を指定することは原則出来ないそうです。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170921-00000001-withnews-sci

グーグルアドセンス




グーグルアドセンス




-グルメ
-, ,

PICK UP記事と広告

Copyright© Sharetter , 2018 AllRights Reserved.