グーグルアドセンス




ニュース

【栃木県警】盗難の野球ボール押収品陳列が神だとネットで話題に

投稿日:2017年10月15日 更新日:

栃木県警 押収物陳列
出典:@livedoornews

 関東地方や福島県の高校で野球部のバットやボールが相次いで盗まれ、茨城県水戸市の男2人が逮捕された事件をめぐって、証拠品を押収した栃木県警の「陳列技術」がインターネット上で反響を呼んでいる。

 公開された押収品の野球用具は、まるで記念館や博物館の「展示」のように美しく並べられていた。これにツイッターで、「スゴすぎる」「職人の仕事」などと驚嘆の声が相次いだのだ。なぜ、そこまで力を入れて陳列したのか。J-CASTニュースは、押収品を公開した宇都宮東署の副署長に話を聞いた。

 土で茶色く汚れたボールはピラミッド状に高く積み上げられ、箱に入った新品のボールは「縫い目」まで綺麗に揃っている。さらに、2本の金属バットは斜めにクロスする形で配置。まるで、展示品を並べているかのような気合いの入れようなのだ。

 こうした押収品の様子は、事件を報じたニュース番組や新聞記事(ウェブ版)の報道で紹介された。するとツイッターやネット掲示板には、

  「盗品の並べ方に捜査員のセンスを感じる」
  「ピラミッドという発想はなかなか出てこない」
  「陳列キレイすぎんだろ、職人の仕事」

 といった驚嘆の声が相次いで寄せられた。なかには、「記念品コレクションの公開みたい」「もはや野球博物館並みの並べ方」といった意見も出ていた。

「業務に支障が出ない範囲で作業した」

「今回の事件では、高校球児がいつも練習で使っているボールやバットが盗まれました。球児の汗や涙が染みこんだ野球用品を、ただ雑然と『押収品』として並べるのでは、被害に遭われた皆さんに申し訳ない、そう考えました」

と話した。

 生田目副署長によれば、今回の野球用品の陳列にあたったのは、刑事1課の捜査員2~3人。陳列にかかった時間は30分ほどで、「通常の業務に支障が出ない範囲で作業した」とした。ボールをピラミッド状に積みあげるために、木材を使って専用の土台を組んだという。

 「警察が証拠品を大切に扱っているということが、皆さんに伝わる機会になったならば幸いです。そういう意味では、いい仕事ができたんじゃないでしょうか」

と笑っていた。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171013-00000014-jct-soci

みんなの声

グーグルアドセンス




グーグルアドセンス




-ニュース
-, ,

PICK UP記事と広告

Copyright© Sharetter , 2018 AllRights Reserved.