グーグルアドセンス




社会問題

【架空請求ハガキに注意】国民訴訟通達センターは詐欺!対処法は連絡しないだけ!

投稿日:2017年10月19日 更新日:

架空請求ハガキ
出典:@dmp_k000masy

 「法務省管轄支局 国民訴訟通達センター」など、法務省の関連組織を名乗る架空請求ハガキが全国の家庭に届いている。法務省広報室は「法務省とは一切関係ない」とし、書かれている電話番号に絶対に連絡しないよう、注意を呼び掛けている。

 ハガキには、「訴訟最終告知のお知らせ」などと書かれており、「連絡しなければ訴訟で原告の主張が全面的に受理され、給与や財産の差し押さえを強制的に執行する」などと不安をあおって連絡するよう迫る内容だ。

 ハガキに書かれた電話番号に連絡すると、弁護士を名乗る人を紹介され、最終的にコンビニでプリペイドカードを購入し、お金を支払うよう迫られるという。また、弁護士の紹介料を請求されるケースもあり、数百万円を詐取された被害者もいるという。

 差出人のパターンはいくつかあり、「法務省管轄支局」の後が「国民訴訟通達センター」だったり、「民事訴訟管理センター」「訴訟管理事務局センター」「国民訴訟通達管理センター」「民事再生管理センター」「消費生活情報センター」だったりするという。

 法務省は、こういったハガキを受け取った場合、絶対に連絡しない、相手にしないよう呼び掛けている。不安な場合は、近くの消費生活センターや警察などに相談してほしいとしている。

引用元:https://news.yahoo.co.jp/byline/okadayuka/20171019-00077106

振り込め詐欺 防止 通話録音装置 見張り隊  自動連絡装置付き L-FSM-N117(新117)

みんなの声

振り込め詐欺 防止 通話録音装置 見張り隊  自動連絡装置付き L-FSM-N117(新117)

グーグルアドセンス




グーグルアドセンス




-社会問題
-, , ,

PICK UP記事と広告

Copyright© Sharetter , 2018 AllRights Reserved.