グーグルアドセンス




インターネット

【エルサゲートとは?】子供向けの危険なYoutube動画に潜む「残虐・過激」なコンテンツにご注意を!

投稿日:

ママが知りたいネットの知識
出典:@livedoornews

子ども向けと見せかけて……「エルサゲート」とは

エルサゲート(Elsagate)とは、「子ども向けと見せかけて人気キャラクターの動画を装い、子どもがショックを受けるような不適切な内容を持つ動画」および、その議論のことです。ディズニー映画『アナと雪の女王』の登場人物“エルサ(Elsa)”に、事件・不祥事・スキャンダルを意味する”〇〇ゲート(gate)”が加わってできた造語です。

エルサゲートの動画には、アナ雪のエルサやスパイダーマン、ミニオンといった人気の好きなキャラクターやオリジナルの可愛いマスコットが、素人による実写やアニメ、クレイアニメなどで登場します。日本で人気のアンパンマンが使われているものもあります。

不適切な内容がどういったものかといえば、たとえば

・キャラクターの排泄行為が延々と続く

・正義のヒーローなのに子どもに暴力をふるったり怖い武器を使ったりと、単なる暴力行為になっている

・キャラクターによって子どもが生き埋めにされるなどの虐待

・セクシーすぎる

・キャラクターの顔にブツブツが出てくる

・クレイアニメながら目をえぐられたり流血したりといった残虐なシーンがある

などなど……。小さな子どもに見せたくない、いえ、大人でも見たくないと感じてしまうような内容です。“不適切”の程度も、思春期の子どもに受けそうなおふざけ的レベルから、大人が自分の性癖を満たすために作ったような悪質なものまで、動画によってピンからキリまであります。

趣味の範疇やトイレトレーニングなどの教育目的で作られている方を否定するものではありませんが、少なくとも親の判断なしで、自分で物事の判断ができない乳幼児や小さな子どもには見せるべきではありません。

一度エルサゲートを見ると、延々見続ける可能性がある

動画を見るときはまず、動画の一場面の画像であるサムネイルを確認することとなりますが、キャラクターが描かれたサムネイルだけでは、危険な動画かどうか判断がつきません。むしろ楽しい動画と思って見続けていると、子どもに見せたくないシーンが現れる、というのが厄介なのです。

ショッキングなシーンをいきなり見せられた子どもの心がどうなるか、その後心の成長にどう影響するのか……少なくともいい影響はないでしょう。

さらに一度エルサゲートを見ると、関連動画として似たような内容の動画が候補として上がってしまいます。次の動画を「自動的に再生する」設定になっていると、エルサゲートを延々と見続けることに。

子どもにスマホやタブレットを渡して一人で動画を見せていると、不適切な動画ばかりずっと見ていた……なんてことにもなりかねません。

子どもにエルサゲートを見せないための確実な方法は

「子どもにスマホやタブレットを渡して一人で動画の閲覧をするような状況にしないこと、見るなら親もともにチェックすること」

これが今できる一番の対策です。

引用元:http://news.livedoor.com/article/detail/14203991/

みんなの声

グーグルアドセンス




グーグルアドセンス




-インターネット
-, , , , ,

PICK UP記事と広告

Copyright© Sharetter , 2018 AllRights Reserved.